インナーチャイルドカードの魔法その2

SCAN0050

内なる子供を癒して とらわれの人生からの脱出!インナーチャイルド心理セラピストの ふるたてひろこ です。

 

この記事は、こちらの記事の続きです。

 

ではインナーチャイルドカードの魔法についてお話ししましょう。

その秘密は、何と言っても「絵」にあります。

 

インナーチャイルドカードを用いるとき、

私が最初にする質問は

「このカードからどんな印象を受け取りますか?」

です。

 

例えばこの絵。

あなたはこのカードからどんな印象を受け取りますか?

 

SCAN0050

 

きれい?

楽しいそう?

気持ちよさそう?

リラックスしている?

 

どの意見もあるでしょう。

けれど、

私が「このカードからどんな印象をうけまsか?」と質問した時、

ひとりのお客様はこう答えました。

 

「なんか、寂しい感じがします。」

 

寂しい感じ?

一般的に、このカードから、「寂しい感じ」を受けるという方は多くはありません。

そこで私は更に尋ねました。

「どのあたりから寂しい感じを受け取りましたか?」

 

「あ、この絵の妖精さんたちは楽しそうに見えます。

でも、自分はこの絵の中には入れない感じがして・・・。

そう、外から見ているだけで、入れないんです。

そう思ったら、寂しい感じがします。」

 

これはこの方固有の見え方です。

多くの方とは異なる種類の見え方です。

 

けれどなぜそう見えるのか?

と言えば、

その方の中にその感情があるから、です。

 

その方の中にあるその感情が、

たまたまこのインナーチャイルドカードの絵を見たことがきっかけで浮かび上がる。

 

今、そんな感じがしたということは、

その方の中に間違いなく、そんな感じが存在している、ということ。

これは心理学でいうところの投影の原理を拡大したものです。

 

このようにインナーチャイルドカードには

人の心の奥楚気に眠る何かを

ふわっと浮かび上がらせる力があります。

そういう絵なのです。

※どういう絵なのか?は講座でお話しています。

 

そしてそのふわっと浮かび上がった感情は、

今、そのテーマを取扱いに当たって、その方がフォーカスすべきものなのです。

 

それでは、次回はもう一つのインナーチャイルドカードの魔法をお伝えします。