インナーチャイルドワークは辛いもの?

インナーチャイルドを癒す7日間メールレッスン

内なる子供を癒して、とらわれの人生からの脱出!
インナーチャイルド心理セラピストのふるたてひろこです。

今日は、「インナーチャイルドを癒す7日間メールレッスン」の読者様から頂いた、ご感想を紹介します。

 

F様からのご感想

こんにちは。7日間に渡ってメールマガジンありがとうございました。

これまでいろんな形でインナーチャイルドワークをしてきましたが、
辛くてわからなくなることが多かったのですが、久しぶりに思い立って申し込み本当に良かったです。

柔らかい言葉もわかりやすくて、すっーと心に寄り添ってくれました
またこれから色々消化していきます。

取り急ぎ、感謝の気持ちを送りたくてメールしました。
ありがとうございます。

 

インナーチャイルドワークは辛い?

F様、ご感想をありがとうございました!


実は私、7日間メールレッスンを始めるにあたってはいろいろと葛藤もありました。

メール配信という一方的な形式の中で、
どこまでのことを伝えられるのだろうか?

というのが一番大きな迷いでした。
なかなかメールレッスンをスタート出来なかったのも、そこが大きな要因だったと思います。

けれど今回始めてみて、
いくつかのご感想を頂いてみて、
本当にやってみてよかった、と思っています。

メルマガって、取ってるもの全部を真面目に読むわけではないと思います。
私もそうです(笑)

「インナーチャイルドを癒す7日間メールレッスン」は
スタートから2週間程で130名以上の方が登録してくださいました。
すごく嬉しいです。

そしてその中の何人くらいの方が実際に読んでくださっているのか・・・?
それは、実はだいたいの数はシステムで把握できるのですが(笑)
もちろん、全員の方が開封してくださっているわけではありません。

でも、そこは、私はあまり気にしていません。

それは、「登録くださったということは何らかの興味を持っているということ」で、
でもしれをいつ読むのか?はおひとりおひとりの自由だから、です。

おひとりおひとりにベストなタイミングで、
きっと私のメールレッスンが届くのだろうと思っています。

そして今回頂いたご感想も
まさにそんな「おひとりおひとりのタイミング」を感じさせてくれるようなものでした。

これまで様々な形でインナーチャイルドワークに取り組まれたというF様。
辛くなってわからなくなってしまったことが多い、とのこと。

今回、私のメールレッスンで、
少し違った様子でスムーズに取り組むことが出来たようで、
私としてはとても嬉しく思っております。

もちろん、私との相性のようなものも関係はあるとは思いますが、
きとF様のタイミングによるところが大きいのではないかなぁと思うのです。

以前に、私の講座の受講生様からこんな話を聞きました。

その方がインナーチャイルドセラピーをやっている、とお知り合いに話したところ、
「インナーチャイルドセラピーは、
自分が惨めになるだけだからやめたほうがいいよ!」
と言われてしまった、というお話です。

それを聞いたときに、一瞬びっくりしたのですが、
すぐになるほど、と思ったのです。

ああ、その方はきっと、
インナーチャイルドワークに取り組んで、
昔の自分の惨めさを強く感じられたのだろうなぁと。
そしてそこで中断してしまわれたのだろうなぁ、と。

だからその方にとっては
「インナーチャイルドセラピーは自分が惨めになるだけ」なんですね。

誰にでもそんなプロセスはあるのだと思います。
でもそれはプロセスです。
プロセス=過程である以上、必ず「その先」があります。

ひとりでも多くの方が、
おひとりおひとりの「その先」へ、進んで行かれることを願っています。

メールレッスンのご感想やご質問をくださった皆様、
ありがとうございます!
本当に嬉しく、感謝して拝見しております。

おひとりおひとりに直接ご返信することはしておりませんが、
こちらのブログやメルマガの中でお答えしたり、ご紹介したりしてゆきます。

とても励みになりますので、
どうぞあなたのご感想もよかったらお聞かせくださいね!

☆登録したのに、あれ?そう言えば届いていないよ?
と言う方は、ぜひこちらをご注意をお読みください。
http://innerchild-therapy.com/?p=385

それでもやはり解消しない・・・という方はこちらから、
私までご連絡くださいませ。
http://form1.fc2.com/form/?id=558592