インナーチャイルドカードの魔法その1


内なる子供を癒して、とらわれの人生からの脱出!インナーチャイルド心理セラピストの ふるたてひろこ です。

 

私がインナーチャイルドカードに惚れ込み、

インナーチャイルドカードの講座に情熱を傾け続けている理由は、こちらに書きました。

まだお読みでない方はぜひ一度お読みいただけたら嬉しいです。

 

さて、今日はまた別の切り口で、インナーチャイルドカードの魅力をお伝えしたいと思います。

先の記事にも書きましたが、

ひょんなことからインナーチャイルドカードを使い始めることになった私は、使い始めて早々に様々な体験をするようになります。

 

私が何も言っていないのに、突然ハラハラと涙を流される方。

何だか私はよくわからないうちに(すみません、経験が浅かったものですから・笑)、すごい腑に落ちたご様子で帰られる方。

カードを眺めて、ふた言み言話しただけなのに、いきなり問題の核心となるインナーチャイルドの体験に飛んで行って

しまわれる方。

などなど。

 

いったいこれは何だろう?

確かにカードというものは、

目には見えない世界を視覚化するために一役買ってくれるものではある。

私もそこを見込んで、カウンセリングにカードを採用したのだ。

それは分かっている。

 

けれど、

けれど。

 

このインナーチャイルドカードは、他のカードとはちょっと違う何かをはらんではいないだろうか?

 

そう思い始めた私でしたが、

その当初は、何がそいいった作用をもたらすのか、正直説明することはまだ出来ませんでした。

 

何だか不思議なことが起きている?

いろんな人が勝手にいろいろ気づいてゆく。

なんだ、なんだ?何なのだ!?

そんな感覚だったのです。

 

で、歳月は過ぎ、私も次第にいろいろなことを学びました。

あ、インナーチャイルドカードとは別の世界のことをね。

別の心理療法とか、NLPとか。

 

その中で、インナーチャイルドカードの不思議さも、次第に謎が解けて行ったのです。

 

次回からはその秘密についてお話ししたいと思います。