子供の頃の記憶がない、という人へ


こんにちは、内なる子供を癒してとらわれの人生からの脱出!心理療法家&講師のふるたてひろこです。

 

インナーチャイルドとは何か?

改めてお話しておきたいと思います。

 

インナーチャイルドとは、子供の頃の体験とそれにまつわる感情・感覚の記憶です。

 

よく、「子供の頃の記憶があまりない」という方にも出会いますが、そうであっても、ここでいう記憶は存在します。

 

それはただ意識で把握できる記憶としてはない、ということに過ぎず、無意識の領域に追いやられています。

 

無意識の記憶は、無意識というくらいですから、なかなか自分では気づくことが難しいものです。

 

でもひとつ、気づくためにいい手がかりがあります。

 

それは「身体」です。

 

何かを思い浮かべたとき、

ある言葉を口にしたとき、

ある場面に接したとき、

 

自分の身体がどう反応するのか?

 

緊張するのかリラックスするのか?

冷たくなるのか?温かくなるのか?

固くなるのか柔らかくなるのか?

 

それを感じ取るだけで、そこに記憶されているものを知る手がかりになります。

 

そう、インナーチャイルドは身体化された記憶とも言えます。

セラピーの際に重視するのも、語られる言葉というよりは、「反応」です。

 

「インナーチャイルドに関心があるけれど、記憶がない」

 

という方は、意識を向けてみてください。

 

あなたの身体は、何を語りかけてくれるでしょうか?

 

今日も最後までお読みくださってありがとうございました。

 

セラピーを受ける

セラピーを学ぶ