過去にとらわれなくなるために必要なこと


こんにちは、内なる子供を癒してとらわれの人生からの脱出!インナーチャイルド心理セラピスト&講師 ふるたてひろこです。

セラピーをしていて気づくのは、
人はいかに過去にとらわれているか、ということ。

あの時ああされた。
あの時ああしてしまった。

あの人はどうしてあんなことひしたのだろう?
私はどうしてあんなことをしてしまったのだろう?

あの人があんなことさえしなければ・・・
私があんなことさえしなければ・・・

なぜ?
と問うても答えは出ません。

そもそも、仮に答えが出たところで楽にはなりません。

答えが知りたいわけではないのです。
ただ、受け入れられないだけ。
それは実際起きたのだ、と認められないとき、なぜ?とうして?と問い続けます。

あんなことをしなければ・・・
と言ってみても始まりません。

既にそれは起きたのだから。

取り消すことはできないものを、
受け入れず、なかったことにしようとするとき、それは永遠に終わらず、そこに存在し続けます。
過去にとらわれて生き続けることになります。

それを望まないならば、
終わらせるのです。

終わらせるためには、
認めることが必要です。

それは実際起きたのだ、と。

そして、加害も被害も、
今ここで終わらせるのです。

自分か加害者だと感じるならば、
罪を明らかにし、それを認め、償う。

自分が被害者だと感じるならば、
被害を終わらせる。

そのどちらも、
相手が変わることを望むことなく、
自分で決めることができます。

つまり、
罪悪感(加害者意識)も被害者意識も、自分で終わらせることができるのです。

とうしたら?

それはまた次の機会にお話したいと思います。

今日も最後までお読みくださってありがとうございました。

セラピーを受ける

セラピーを学ぶ